伊豆ぐらんぱる公園~アスレチックやアトラクションが楽しい遊園地~

僕ら3人は旅行で伊豆にちょくちょく行っているのですが、その時に立ち寄ることの多いのが伊豆ぐらんぱる公園です。旅行に行くと親はのんびりしたり買い物したり観光したりをいろいろ楽しみたいものなのでですが、子供はきっと思いっきり遊びたいんだと思うんですよね。車で行く場合には長いこと車の中で座っていなければならないし、体がうずうずするのではないかと。

なので、例えば一泊二日の旅行であれば、1日目はHARUが遊ぶ日、2日目はHARUパパとHARUママがのんびりしたり買い物する日、みたいな感じで親子が満遍なく楽しめるようなプランを立てるようにしています。やっぱり旅行は皆で楽しみたいですからね。

そんなわけで今回は伊豆旅行の際、「HARUが遊ぶ日」に立ち寄ることの多い伊豆ぐらんぱる公園をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

伊豆ぐらんぱる公園は伊豆高原にあります

伊豆ぐらんぱる公園は、住所は静岡県伊東市になるのですが伊東の市街地よりも南方、城ケ崎海岸や大室山に比較的近いところにあります。運営するのは伊豆シャボテン動物公園や伊豆四季の花公園等を運営する伊豆シャボテン公園グループです。このあたりって伊豆高原というエリアで別荘や可愛らしいペンションなんかが沢山あるんですよね。ル・フィヤージュという有名なパン屋さんがあったり、オーベルジュ・ル・タンという人気のオーベルジュがあったりして、とても居心地のいいリゾート地になっています。

伊豆ぐらんぱる公園はこんなところ

伊豆ぐらんぱる公園の魅力はいろいろな遊びができるところです。「水と冒険の広場」や「のりものと太陽の広場」で様々なアトラクションに乗ることもできれば、「見晴らしスライダー」という長い滑り台を滑り降りることもできるし、「元気の森」で本格的なアスレチックに挑戦することもできれば、「キッズパーク」では「工事現場風キッズアスレチック~スパイラルダクト~」という工夫を凝らした遊具を楽しむこともできます。

アトラクションは有料ですが無料の遊具も沢山あります

伊豆ぐらんぱる公園は入園料が大人1,200円、小学生600円、幼児(4歳以上)400円と抑えられた料金設定になっているのですが、アトラクションは別料金になっています。乗り物に乗ると結構な金額になってしまいますが、無料で楽しめる遊具も結構沢山あるんです。「水と冒険の広場」のトランポリン、「元気の森」のアスレチック、全長110メートルの「見晴らしスライダー」、キッズパークにある「工事現場風キッズアスレチック~スパイラルダクト~」などなど。有料のアトラクションももちろんいくつか乗りますが、小さい子供の場合には無料の遊具でも十分遊べちゃうんですよね。しかも、普通の公園では置いていないような工夫を凝らした遊具ばかりなので、かなり楽しめるんです。

有料アトラクションはもちろん楽しいものばかり

無料の遊具でも十分とは言え、やっぱり有料アトラクションは魅力的なんですよね。「ジップライン~風 KAZE~」(1,200円)や「船形立体迷路~KAiZOKU~」(料金400円)など他の遊園地にはないような新しくて刺激的なアトラクションがありますし、「キッズコースター」(料金400円)や「スカイサイクル」(一人乗り400円、二人乗り600円)、「ゴーカート」(一人乗り400円、二人乗り600円)に「おもしろ自転車」(15分200円)など定番の子供向けの乗り物もあります。

旅行先に行くと必ずあるのがテーマパークや遊園地。少し鄙びたところもありますが、レトロな雰囲気が嫌いじゃないので、僕らはついつい立ち寄ってしまいます。でも今回ご紹介した伊豆ぐらんぱる公園は、リゾートにありがちな鄙びた遊園地なんかではなく、どんどん新しいアトラクションを作っていて、新しい試みなんかもしていて、訪れるたびに変わっていく、すごく刺激的な遊園地です。今回は特に力を込めておすすめしたいと思います。

おすすめランキング

第1位 元気の森のアスレチック
第2位 船形立体迷路~KAiZOKU~
第3位 見晴らしスライダー

アクセス

伊豆急行線「伊豆高原」駅からバスで約20分
車の場合は厚木ICか約2時間。駐車料金は500円です。

※写真はイメージです。足成さんからお借りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする