へんしんバイク~優れものの自転車~

今回はおすすめ自転車「へんしんバイク」をご紹介します。

へんしんバイクは、HARUが3歳の時に初めて購入した自転車です。いまは別の自転車に買い替えて、へんしんバイクは友達の子供にあげてしまったのですが、あっという間に自転車に乗れるようになった優れものなので、遅ればせながらご紹介したいと思います。

購入したへんしんバイクはもう手元にないので、冒頭の写真は通りすがりの自転車屋の店頭にあったものを撮影させていただきました。

スポンサーリンク

自転車の練習

僕ら親の世代の方々は皆同じような体験をしているのではないかと思いますが、子供の頃の自転車の練習って大変じゃなかったですか?

僕は子供の頃、何度も転んでは膝を擦りむいたりして、苦労しながらやっとのことで自転車に乗れるようになりました。

ところが、このへんしんバイクは、練習らしい練習をすることもなく、遊んでいるうちに自然と自転車に乗れるようになれるんだから驚きです。

へんしんバイクの仕組み

へんしんバイクはビタミンⅰファクトリーという会社が製造販売する自転車です。ビタミンⅰファクトリーは、へんしんバイクのほかにブレイブボードというスケートボードも販売しています。

へんしんバイクはペダルの脱着が可能で、ペダルを外した状態であればストライダーのようなバランスバイクとして使うことができて、ペダルをつければ自転車として使うことができます。

最初はペダルなしのバランスバイクとして遊びながら徐々に感覚に慣れていき、ある程度、走らせることができるようになったら、ペダルをつけて自転車として使います。そのように2段階を経ることで自然に自転車に乗ることができるというものです。

バランスバイクと自転車が別々だと、折角バランスバイクの感覚に慣れたとしても、別の自転車に変えると、ハンドル操作などに慣れるのに時間がかかったりしますが、へんしんバイクであれば同じものを使うので、そういったロスがなくて済むというわけです。

へんしんバイクを購入した感想

HARUが3歳のときに自転車を買おうと思ってあれこれ見ていた時にこのへんしんバイクに出会ったわけですが、本当にいい商品だと思います。

乗り始めて数日後にはバランスバイクとして自由に乗りこなしていました。このあたりはストライダーなどと同じでバランスバイクの優れたところだと思います。

へんしんバイクのすごいところは自転車への移行がとてもスムーズな点です。

HARUはしばらくの間、バランスバイクとして遊んでいました。ある程度の大きさになったときに思い切ってペダルをつけてみましたが、すぐにペダルにも慣れて自転車として乗りこなすようになりました。

小さな子供でも使えるように非常にコンパクトな大きさとなっていること、他のバランスバイクと異なりブレーキがあるところなどもいいところだと思います。少し重たいというデメリットもありますが僕は特に気になりませんでした。

まとめ

ということで優れものの自転車「へんしんバイク」をご紹介しました。

HARUがとてもお世話になった想い出の品でもありますが、自転車として優れた商品なので、これからお子さんの自転車の購入を考えていらっしゃる方は検討に一つに加えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする