キドキドあそびのせかい川崎ルフロン店~工夫を凝らした室内の遊び場~

今回は、雨の日でも思いっきり遊べる室内の遊び場、キドキドをご紹介します。

キドキドは玩具会社ボーネルンドが運営するインドアプレイグラウンドと呼ばれる室内の遊び場です。関東を中心に全国に21店舗あります。

スポンサーリンク

ボーネルンドについて

ボーネルンドは、ジク社(ドイツ)やボブルス(デンマーク)やブール(オランダ)といった海外玩具メーカーの知育玩具を中心に輸入・販売を行っている会社です。おもちゃのラインナップやボーネルンドという名前(デンマーク語で「子供」と「森」)から、僕はてっきり海外の玩具メーカーかと思っていましたが、いろいろ調べてみると日本の会社みたいなんですよね。

ボーネルンドは、「あそび」を通じて、想像力、創造性、コミュニケーションといった「生きる力」を育むことを基本的なコンセプトとしており、「あそぶことは生きること」なのだという信条を持っています。このあたりの考え方にはとても共感するものがあります。お店に並んだおもちゃを見てみると、いろいろな工夫を凝らしていて、感心するものばかりです。

キドキドはこんなところ

キドキドではボーネルンドが扱っている工夫を凝らしたおもちゃを実際に使って遊ぶことができます。また、体を使って思いっきり遊べるような空間も用意されています。例えば、空気で膨らませたトランポリンのようなエアキャッスルやエアトラックという大型の遊具があったり、大量のボールの入ったプールを自由に動き回れるボールプールがあったり、フリークライミングのボルダリングのようなクライミングウォールがあったり、それからサイバーホイールという大きなタイヤのような形をした遊具があったり。子供たちは皆、夢中になって走り回っています。室内なので雨の日も雪の日も、夏の暑い日も冬の寒い日も、問題なく遊ぶことができますし、天気や気候が良くてもキドキドに行きたいとせがまれることもあります。

難点をあげるとすれば

コンセプトにも共感できて、遊んで楽しいキドキドですが、一つ難点をあげるとすればお金がかかるところでしょうか。

子供は最初の30分は600円で延長料金は10分ごとにに100円
大人は最初の30分は500円で延長料金はなし

一度入ると2時間くらいはいるので大人2名に子供1名で2,500円くらいはかかってしまいます。

経済的な事情に加えて、自分たちへの規律という意味でも、僕らは極力お金をかけずに休日を過ごしたいのですが、楽しく遊ぶ子供の姿を見るのが嬉しくて、ついつい連れてきてしまうんです。まあ、キドキドじゃなくても、遊園地に行ったり映画を見たり、結構お金は使っているんですけどね。

ちなみに、前々回の投稿でご紹介したグランツリー武蔵小杉店にもキドキドは出店していて、こちらにもちょくちょく行っていますが、ルフロン川崎店のほうが少し大きいようなんですよね。うちのHARUはエアキャッスルという飛び跳ねられる遊具が大好きなので、エアキャッスルのあるルフロン川崎店に行くことのほうが多いです。

おすすめ遊びランキング

第1位 エアキャッスル
第2位 エアトラック
第3位 クライミングウォール

アクセス

JR川崎駅下車 徒歩1分、京浜急行川崎駅下車 徒歩5分
駐車場はルフロン川崎のものを利用するのが便利です。料金は平日は30分250円、土日祝日は30分300円となっています。1店舗1,000円以上の買い物で1時間無料、1店舗3,000円以上の買い物で2時間無料となります。

※写真はイメージです。Pixabeyさんからお借りしました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする