ニコパ ニトリモール相模原~ダンボールの大型遊具が特徴的な室内の遊び場〜

今回ご紹介するのは、ダンボールで作られた大型遊具が特徴的な室内の遊び場、ニコパ ニトリモール相模原をご紹介します。

ニコパはカーゾック(旧社名:東海ランド)という三重県の会社が運営する室内遊戯施設で、ゲームセンターやキッズパークという室内の遊び場で構成されています。全国に30店舗、関東に12店舗あり、うち20店舗(関東は10店舗)にキッズパークが併設されています。

スポンサーリンク

たまたま見つけて入ってみました

ニトリモール相模原は、神奈川県相模原市南区にあるショッピングモールです。たまたま国道16号を車で走っているときに、HARUが「キッズスマイルパーク」の文字を発見。その日は用事があったのですが予定の時間まで少し余裕があったので、どんなところかとのぞいてみたわけです。すると段ボールで作られた大型遊具が並んでいて楽しそうじゃありませんか。HARUとしては当然のぞくだけでは気がすみません。時間の猶予は1時間ほどでしたが、入ってみました。

ニコパ キッズパークはこんなところ

ニコパキッズパークはゲームセンターの先にあります。料金は子供は最初の20分が平日400円、土日祝日は500円、園長料金は10分毎に120円、保護者は時間制限なく180円(何名でもOK)。土日祝日に1時間遊ぶと1,160円になります。ネットでクーポンをゲットするともう少しお得に利用することが可能かもしれません。

入ってまず目に入るのはボールプールや手の汚れないキネティックサンドの砂遊び場。その先にはダンボールで作られた滑り台があります。それと太鼓の達人まで。太鼓の達人は無料で遊ぶことができます。さらにすすむとダンボール迷路やプラレールの遊び場、ボールがぶら下がったメリーゴーランドのような遊具「ぐるぐるパームス」、大型エア遊具の滑り台に、ふわふわ風船ドームまで。なかなかの充実ぶりです。

僕はHARUに頼まれてプラレールの線路を組み立てているうちに、思わず夢中になってしまいました。その日はたまたま比較的空いていたのでよかったですが、こういうのを触っているとついつい童心に帰ってしまいます。

たまたま立ち寄ってみたニコパ ニトリモール相模原。1日遊ぶほど大きな施設ではありませんが、1時間程度遊ぶにはちょうどいいサイズで、なかなか楽しめました。子供の遊ぶ場所は本当に沢山あって楽しいですよね。

おすすめランキング

第1位 ダンボール迷路
第2位 大型エア遊具の滑り台
第3位 プラレール

アクセス

JR横浜線「古淵」駅から徒歩13分
駐車場はショッピングモールだけあって1,090台分もあり、料金は無料です。

※写真はイメージです。足成さんからお借りしました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする