横浜ベイクォーター(BAY QUARTER YOKOHAMA)~港を臨むショッピングモール~

今回は港を臨むショッピングモール、横浜ベイクォーター(BAY QUARTER YOKOHAMA)をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

横浜ベイクォーターの概要

横浜ベイクォーターはJR「横浜駅」東口の再開発地区「ヨコハマポートサイド地区」内にあるショッピングモールです。ペデストリアンデッキの「ベイクォーターウォーク」でJR「横浜」駅きた東口に直結しており、歩いて3分程度。JR「横浜」駅東口からもそごう横浜店経由で行けば7分程度と交通利便性の良好な商業施設です。住所で言うと横浜市神奈川区金港町。ちなみに金港は横浜港の別名でもあります。

もともと三菱倉庫が所有する倉庫があったところを再開発し、2006年に開業しました。三菱倉庫はその後2009年に隣接地において横浜ダイヤモンドビルディングを建設し、低層部分を横浜ベイクォーターアネックスとして開業しました。運営は三菱倉庫の子会社である横浜ダイヤモンドビルマネジメント。

店舗面積は横浜ベイクォーターが12,700㎡、アネックスが4,100㎡、合計すると16,800㎡の広さになり、約100店舗のお店がテナントとして出店しています。

絶好のロケーション

横浜ベイクォーターの特徴は何といってもベイサイドにある絶好のロケーション。海に面したプロムナードを歩いているだけで、いつもと違う特別な時間を過ごしているような感覚を味わうことができます。

横浜ベイクォーターには、横浜港内の水上バス「シーバス」の乗り場があります。ここからシーバスに乗ると「みなとみらい」「赤レンガ倉庫」「山下公園」などに行くこともできます。

横浜ベイクォーターの店舗紹介

横浜ベイクォーターには場所柄から沢山のおしゃれな飲食店が出店しています。最上階にはハウスウェディングの「ザ・クラシカ・ベイリゾート」があって、オーシャンビューの素敵な空間で結婚式・披露宴などを挙げることができます。

僕ら家族が遊びに行った日はお日柄が良かったのか、結婚式の2次会がいたるところで行われていました。特に4階にある「アロハテーブル オーシャンブリーズ」は2次会利用の多い人気店です。

そのほかにもメイン広場に面した「リオグランデグリル」「ビストロリュバン」「バルデカンテ」などのお店でも様々なパーティーが行われており、とても華やかで楽しそうでした。

このおしゃれで華やかな雰囲気は他の商業施設では見られない横浜ベイクォーターならではの特徴だと思います。

ちなみに、物販店は、「ユザワヤ」「アクタス」「リビングハウス」「ニコアンド」などがあります。

ベビー・キッズ用品フロア「スマイルキッズステーション」

横浜ベイクォーターアネックスの4階にはベビー・キッズ用品フロア「スマイルキッズステーション」があります。

こちらは2016年4月にリニューアルオープンしたフロアで、アネックス4階がベビー・キッズという一つのテーマで統一されたスペースになっています。カラフルな飾りつけに彩られたスマイルキッズステーションに入ると、まるでおとぎの国に迷い込んだような印象を受けます。

出店しているお店は、室内の遊び場「ダッドウェイ プレイスタジオ」をはじめ、ベビー・キッズグッズを販売するライフスタイルストア「ダッドウェイ ライフディスカバリー」やパーティーグッズ専門店「リトルレモネード」、写真スタジオ「ホーリーホック」、子供服などのオーガニックコットンアイテム専門店「ユーガ」、セレクトショップ「ファブリカ」など。面白いお店が揃っていて楽しいですよ。

まとめ

今回はポートサイドにあるショッピングモール、横浜ベイクォーターをご紹介しました。海辺を歩いているだけで何だかいつもと違う特別な時間を過ごしているような気になります。横浜ベイクォーターで是非、素敵な時間を過ごしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする