ららぽーと横浜〜ショッピングモールの優等生〜

ららぽーと横浜は横浜市都筑区にあるショッピングモールで、運営するのは三井不動産グループです。僕の勝手な印象なのですが、規模や店舗構成、建物の形状などは、どれをとってもなんとなくいい感じにまとまっていて、ショッピングモールの優等生というイメージを持っています。

スポンサーリンク

ららぽーと横浜の概要

ららぽーと横浜は2007年3月に開業しました。商業施設面積は93,000㎡で、ショッピングモールのなかでは大規模のリージョナル型ショッピングセンターに分類されます。

ショッピングモールの種類について

店舗数は275店舗で、駐車場台数は4,600台。もともとNECの横浜事業所があった土地に、一部をマンション、一部を商業施設として複合的に開発した施設になっています。

コンセプトは「The Life With Culture」。単にモノを売るだけでなく、文化・知性・情報との融合を図ることを目指しています。

ららぽーと横浜の店舗紹介

ららぽーと横浜は核店舗である「イトーヨーカドー」と準核店舗は「TOKYU HANDS」と「TOHO CINEMAS」を両脇に、そのあいだを大小約275店舗の専門店を配置したオーソドックスな形状をしています。

「ユニクロ」「GU」「H&M」「FOREVERE21」「GAP」「ZARA」といったファストファッションが一通りそろっていて、「ディーゼル」「アルマーニエクスチェンジ」「トミーヒルフィガー」「シップス」「アーバンリサーチドアーズ」「ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング」「ビーミング ライフストア バイ ビームス」「ナノ・ユニバース ザ・ファーストフロアー」「グローバルワーク」といった有名ブランドも入っています。

また、「無印良品」「HMV」「紀伊国屋書店」「ノジマ」「島村楽器」「プラザ」「アクタス」「ABCマート」「アカチャンホンポ」「スタジオアリス」といった店舗もしっかりと揃っています。

入っていないお店を探すほうが難しいくらいのほぼフルラインナップという感じです。ちなみに、「ディズニーストア」が入っているところはちょっとポイントが高いのではないかと思います。

飲食店は3階にレストラン街があるほか、2階にフードコートがあります。フードコートには「浅草今半」「しらす問屋とびっちょ」「梅蘭」「世田谷宮川」「とんかつまい泉」「牛タン利休」「マンゴツリーキッチン」「本家あべや」「南国酒家飯倉」「アルカフェキャンティ」といった魅力的な店舗がならび、座席はゆったりと配置され、混雑を避けるためにシステム化されています。

フードコートはイトーヨーカドーの1階にもあります。「マクドナルド」に「ケンタッキーフライドチキン」、「タイガーBBQ」「東京池袋光麺」「讃岐うどん うまげな」「ポッポ」「ホブソンズ」「ブルプル」などと、こちらも充実した店舗構成。

一つのショッピングモールに2つもフードコートがあるなんてすごいですね。

ららぽーと横浜に行って買い物や食事に困ることはほとんどないのではないかと思います。

ららぽーと横浜の子供の遊び場

ららぽーと横浜の子供の遊び場は、ゲームセンターの「namco」や室内アミューズメントパークの「アドベンチャーアイランド」があります。

ゲームセンターの「namco」のなかにも「ウルトラマンアスレチック」という室内アミューズメントパークがあります。

「アドベンチャーアイランド」は2階建ての立体遊具や電動遊具などがあったりして、他の室内アミューズメントパークとはまたちょっと違った特徴を持っています。40分遊び放題で500円と比較的リーズナブルなところも魅力です。

また、イトーヨーカドー内にもゲームセンターの「ファンタスティックジャーニー」などがあります。

ららぽーと横浜の特徴

ショッピングモールって立地条件や敷地面積などによる制約があるなかで、それぞれ個性的な特徴を出していて、そこがショッピングモールの面白いところだと思っています。

その点、ららぽーと横浜は「横浜」という大きな商圏人口を抱える恵まれた立地優位性と比較的自由度の高い敷地形状からあまり特異な特徴を出す必然性もなく、とてもオーソドックスな施設にまとまっているように感じるんですよね。

そんなオーソドックスな施設に理想的とも言えるような店舗構成がプラスされて、ショッピングモールの優等生のような雰囲気を醸し出しているような気がします。遊びに行っても買い物に行っても食事に行ってもしっかりと楽しませてくれて期待を裏切られることがありません。でもなんだかちょっと印象が薄いようなほんの少しの物足りなさを感じてしまいます。

これがららぽーと横浜の個性であり、特徴なのだと思いますし、僕のお気に入りポイントの一つでもあります。ほんの少しの物足りなさがあるからこそ、また遊びに来たいと思えるわけで、物足りなさって実は魅力の一つだったりするんじゃないかと思っています。

三井不動産が運営するほかの商業施設についても以下でご紹介しておりますので、お出かけの際の参考にしていただければと思います。

ラゾーナ川崎~駅直結でアクセス抜群の商業施設~

ダイバーシティ東京プラザ~人気のレジャースポットお台場にあるショッピングモール~

ららぽーと立川立飛~子供の遊び場が充実したショッピングモール~

ららテラス武蔵小杉~コンパクトな都市型商業施設~

アーバンドックららぽーと豊洲~都心に最も近いショッピングモール~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする