高尾山〜日帰りハイキングで豊かな自然を満喫~

海と言えば山。前回、海だったので今回は山のご紹介です。日帰りハイキングに最適な、自然豊かな高尾山をご紹介します。

高尾山は東京都八王子市にある標高599mの山です。登山口が京王線「高尾山口」駅から5分ほどのところにあり、都心からのアクセスに優れるうえ、それほど高い山ではないことから、お手軽な日帰りハイキングを楽しめます。都心に近く豊かな自然を満喫できることから週末ともなれば、多くの登山客、観光客が訪れます。登山者数はなんと世界一なんですって。ミシュランガイドで最高ランクの「三ツ星」を獲得してからは、屈指の人気を誇る関東を代表する観光スポットになっています。

スポンサーリンク

麓から登りたいけど、ケーブルカーやリフトも捨てがたい

高尾山は麓から歩いて登ることもできますし、ケーブルカーやリフトに乗って中腹まで行くこともできます。山麓駅から山上駅までケーブルカーで6分、リフトで12分です。料金はケーブルカー、リフトともに大人は片道480円、往復930円、小児は片道240円、往復460円です。折角なので山麓から歩いて登りたいところですがケーブルカーやリフトは子供が喜ぶんですよね。

高尾山薬王院有喜寺でお参り

ケーブルカーまたはリフトの終点、山上駅から歩いて30分ほど登ると(子連れだともう少しかかるかもしれません)高尾山薬王院有喜寺があります。薬王院有喜寺は744年に創建された歴史あるお寺さんです。高尾山は修験道の霊山という側面もあって、天狗が出るという伝説もあるんです。

自然の豊かさが半端ない

少し前にブラタモリでやっていたのですが、薬王院があった関係で高尾山って関東では珍しく自然林の山なんですって。しかも生息する植物の種類が半端ないんです。その数なんと1,598種!数だけみてもよく分かりませんが、高尾山の20倍の面積を有する屋久島の1,723種、9,300倍の面積を有するイギリスの1,859種と比べてみると、そのすごさが分かります。おそるべし高尾山!

自然豊かな高尾山は南斜面と北斜面で生えている植物が違うという珍しい特徴もあります。南斜面は常葉広葉樹、北斜面は落葉広葉樹は生えており、秋になると北側は紅葉していて、南側は青々とした葉が生えているという珍しい光景を目にすることもできます。

頂上に到着!

薬王院有喜寺からさらに30分ほど登ると(子連れだともう少しかかるかもしれません)山頂に到着。頑張って登った達成感は格別なものがありますよね。山頂には高尾山名物とろろそばを食べられるやまびこ茶屋というお食事処もあります。それから、山頂からは天気が良けれは富士山を見ることもできます。

のんびり楽しみながら下りましょう

一休みしたら下山です。登りと違って下りは楽ちんですが、実は足に負担がかかるので無理せずゆっくり下りましょう。途中でお土産物屋をのぞいてみたり、おやつを買って買い食いしたりするのも楽しいですよ。おすすめはケーブルカーの山上駅近くにある「香住売店」の「天狗焼き」。たいやきのようなお菓子でこれがとっても美味しいんです。

高尾山は、僕が子供の頃から何度も登っている馴染みの山ですが、今ではミシュランの星までもらって、すっかり立派になりました。なんだかちょっと不思議な感じもしますが誇らしいしやっぱり嬉しいもんですね。天気の良い週末には少し足をのばして高尾山をハイキング。おすすめです!

おすすめランキング

第1位 やっぱり山頂からの眺め(達成感も格別です)
第2位 高尾山薬王院有喜寺にお参り(欠かせません)
第3位 「香住売店」の「天狗焼き」(たまりません)

アクセス

京王線「高尾山口」駅から徒歩5分
車でお越しの場合には圏央道「高尾山IC」から5分程度。駐車場は八王子市営高尾山駐車場や京王高尾山駐車場などがあります。料金は30分150円~200円、入庫から12時間までは800円~2,000円です。ただ、台数に限りがありますのでご利用の際には早めの起こしをおすすめします。

※写真は街画ガイドさんからお借りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする