キャロットタワー~オシャレだけじゃない街、三軒茶屋のランドマーク~

僕は高いところから街並みを眺めるのが大好きです。子供の遊び場というよりも僕の個人的好みが強いのですが、展望台のあるビルとして、三軒茶屋にありますキャロットタワーをご紹介します。

スポンサーリンク

オシャレだけじゃない街、三軒茶屋

三軒茶屋は世田谷区のなかでも繁華性の高い街の一つです。古くから大山道(いまの国道246号)と登戸道(いまの世田谷通り)の分岐にあたる交通の要衝であり、信楽、角屋、田中屋という3軒の茶屋があったことが三軒茶屋という名前の由来になっています。

自由が丘や吉祥寺などのように住みたい街ランキング上位の常連であり、ニコラやA-Bridgeなどの人気のカフェが集まる「オシャレな」人気の街でもあります。

でも決してオシャレだけじゃないところが三軒茶屋のいいところ。老舗レストランがあったり、昭和の雰囲気を残すディープスポット、三角地帯があったりと、幅広い年齢層が楽しめる街ですし、世田谷パブリックシアターやシアタートラムなどの劇場があり文化の発信地としての側面もあります。

三軒茶屋のランドマーク、キャロットタワー

三軒茶屋のランドマークと言えば、赤い外壁が特徴的なキャロットタワーです。キャロットタワーはオフィス、商業施設、ホール等で構成される複合施設です。住所は世田谷区太子堂。三軒茶屋じゃないんですよね。再開発により1996年に完成したビルで、地上26階、高さは124mもあります。世田谷区って低層の建物が多いので離れたところからでも見つけることができます。特徴的な赤い外壁からニンジンのように見えるためキャロットタワーと名付けられたそうです。ちなみに命名は世田谷区の中学生だそうです。

キャロットタワーにはオフィス、東急ストアやTSUTAYAなどの店舗のほか、世田谷パブリックシアターやシアタートラムなどの劇場や世田谷文化生活情報センター生活工房などがあり、文化的な拠点にもなっています。

キャロットタワー最上階の展望台

キャロットタワーの魅力の一つは、最上階である26階の展望台を無料開放していることです。超高層のオフィスビルって都内にも結構ありますが、最上階の展望台に無料で行けるところって意外と少ない気がします。キャロットタワーはその点気軽に展望台まで行くことができますし、フロア内にはテーブルや椅子などが配置されたフリースペースもあって、外の眺めを楽しみながらゆっくりくつろぐことも可能なんです。同じフロア内には「レストランスカイキャロット」がありますので食事やお茶を楽しむこともできます。

冒頭でお話ししたとおり僕は高いところから街並みを眺めるのが大好きなので、キャロットタワーの26階はお気に入りの場所の一つになっています。

のんびり沿線散歩におすすめ、東急世田谷線

東急世田谷線「三軒茶屋」駅はキャロットタワーの一部にあります。東急世田谷線と言えば都営荒川線とともに都内に残された路面電車の一つです。「三軒茶屋」駅から「下高井戸」駅まで、全長5km、10駅の道のりを約17分で結んでいます。途中、環七通りでは電車が信号待ちのために停まるという珍しい光景も目にすることができる、ちょっと控えめで可愛らしい電車なんです。東急世田谷線に乗って、のんびりと沿線散歩をするのもおすすめです。

ということで今回は無料の展望台があるキャロットタワーをご紹介しました。高いところから街並みを眺めるのは楽しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする