岸根公園~駅からのアクセスが抜群~

今回ご紹介するのは駅からのアクセスが抜群な岸根公園です。

岸根公園は横浜市港北区にある公園で、横浜市が運営しています。野球場や広々とした芝生の広場、子供たちに人気の大型遊具などがあるとても大きな公園です。

スポンサーリンク

駅からのアクセスが抜群

岸根公園の利点は、タイトルにも書いたとおり駅からのアクセスが抜群なところです。大きな公園ってどうしても駅から離れたところが多いんですよね。駅周辺には店舗などの利便施設やオフィスビルなどの高層建築が集まっていて、駅から離れるにつれて低層の住宅なんかが現れてきます。公園はどちらかとさらに駅から遠いところにあるような気がしています。ですので、大きな公園に行くには車かバスを利用することも多いかと思います。

その点、岸根公園は横浜市営地下鉄ブルーライン「岸根公園」駅の目の前にあって、とても便利なんです。

岸根公園はこんなところ

といっても他のメジャーな公園に比べて施設の充実度が劣っているかというとそんなことは全然ありません。

「岸根公園」駅を出てまず目にするのはきれいに整備された「篠原池」です。鯉が気持ちよさそうに泳いでいて、野鳥の憩いの場にもなっています。

その横をさらに進むと「せせらぎ広場」という広い芝生の広場に出ます。右手には子供たちが喜びそうな超大型の遊具「忍者とりで」があります。アスレチックのように体全体を使って遊べる本物の砦のような遊具です。一番人気はやっぱり超ロングなローラー滑り台です。左手を少し登ったところにはブランコやスプリング遊具等もあります。「せせらぎ広場」のなかにはバスケットゴールもあるボール遊びに最適な広場もあります。

そこから登って行った先には「せせらぎ広場」よりもさらに広い芝生の広場「ひょうたん原っぱ」があります。この広場の外周を回る園内通路は730mもあるので「ひょうたん原っぱ」の広さは相当なものです。HARUが小さい頃にはよくここでシャボン玉遊びをしたものです。

ひょうたん原っぱの先をもう少し登った公園の一番奥には複合遊具等のある児童公園「ゆうゆう広場」があります。駅からも離れているので少し穴場的な公園になっていると思いきや結構沢山の子供たちが遊んでいます。

森林を散策してマイナスイオンを感じるのも楽しみの一つ

岸根公園の魅力は遊び場だけでなく、豊かな緑にもあります。沢山の木々が生い茂っている森林を散策してマイナスイオンを感じるのもこの公園の楽しみの一つです。敷地内にはほかにも野球場があったり、隣接して神奈川県立武道館があったりします。

ということで、今回は岸根公園をご紹介しました。繰り返しになりますがこの公園の利点は駅からすぐという立地条件です。駐車場もありますが、是非、電車を利用して行ってみてください。帰りは新横浜キュービックプラザあたりでたまの外食もいいかもしれません。

おすすめランキング

第1位 忍者とりで
第2位 ひょうたん原っぱ
第3位 ゆうゆう広場

アクセス

横浜市営地下鉄ブルーライン「岸根公園」駅を出てすぐ
駐車場は岸根公園の南東側を走る「水道道」という道路に面した岸根公園駐車場があります。台数は157台、料金は30分100円です。


※写真はイメージです。足成さんからお借りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする