鮫洲運動公園~おもしろ遊具が満載~

今回は品川区東大井1丁目にあります鮫洲運動公園をご紹介したいと思います。

鮫洲運動公園には、これまで行ったことがありませんでしたが、イオンスタイル品川シーサイドに買い物に行くときなどに通りがかることがあり、面白そうな遊具なんかがあるのが車の中から見えて以前から気になっていました。

そんなわけで、先日、買い物に行く前にふらっと立ち寄ってみました。

スポンサーリンク

鮫洲公園の概要

鮫洲運動公園は昭和39年10月5日に開園した品川区立の公園です。敷地面積は14,190.66㎡。結構大きいです。公園の種類としては街区公園に位置づけられる公園です。

最寄駅は京急本線「鮫洲」駅。歩くと3分くらいの道のりです。近くに鮫洲運転免許試験場がありますので、免許更新などの際に横を通りがかったことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

おもしろ遊具が満載!

鮫洲運動公園は、一見普通の公園なのですが、よくみると個性的なおもしろ遊具が沢山あります。もちろん普通のブランコや滑り台もあるのですが、他の公園ではあまり見たことのない遊具なんかもあったりします。

例えば「全方向滑り台」。富士山のような形をしていて360度、全方向にむかって滑り降りることができます。これなら滑り台の待ち時間もいらなそうです。

それから「お山・ワイドスライダー」。お山の周りにはワイドスライダーという滑り台のほか丸太やロープ登りなんかもあります。アスレチックみたいな感じで楽しそう。

「木の丸太」もあります。こういうのも楽しいですよね。小学校とかでよく見かける気がします。

林のなかには「つり橋・ツリーハウス」。結構大きくて、子供にとってはちょっとしたアドベンチャーです。いわゆる複合遊具ですが木でできているところが冒険っぽくていいですよね。

動物の高さを表したポールなんかもあります。これさえあれば、動物たちと背比べをすることができますね。

写真を撮り忘れてしまいましたが、「スコップで掘ることのできる地面」や「チョークで地面に絵を描くスペース」なんていうのもあります。

ちなみにお隣には野球場があって、僕らが鮫洲運動公園を訪問したときには少年野球チームが元気よく練習していました。

まとめ

ということで、今回はおもしろ遊具が満載の鮫洲運動公園をご紹介しました。鮫洲運動公園は、一見普通の公園なのに沢山の個性的な遊具を楽しめる公園です。なんだか近所に住んでいる子供たちがうらやましいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする