プロペラカフェ~調布飛行場の滑走路に面したカフェレストラン~

今回は東京都調布市にありますカフェレストラン「プロペラカフェ」をご紹介します。

プロペラカフェの面白いところは調布飛行場の滑走路に面していて、飛行機の離着陸を眺めながら食事やお茶を楽しむことができるところです。

また、格納庫が併設された建物内にあることから、格納された飛行機やヘリコプターなどもじっくり見ることもできるんです。

飛行機好きの方にはもちろんのこと、大人も子供もみんなが楽しめる、おすすめのカフェレストランです。

スポンサーリンク

調布飛行場について

調布飛行場は東京都港湾局が運営する空港で、正式名称は東京都調布飛行場と言います。面積は約39ha、滑走路も1本と空港としては小さいですが、1941年に開設された歴史ある飛行場です。

運航路線は以下のとおり。

調布⇔大島  1日3便
調布⇔新島  1日4便
調布⇔神津島 1日3便
調布⇔三宅島 1日3便

プロペラカフェについて

プロペラカフェは飛行機の修理・整備などを手掛けている日本エアロテック株式会社が運営しています。

プロペラカフェは日本エアロテックの社屋の1階部分にあり、窓の外には調布飛行場の滑走路がひろがっていて飛行機が離着陸するのを眺めるながら食事やお茶を楽しむことができます。また、お店を入って左手には格納庫があり、窓越しに格納された飛行機やヘリコプターなどじっくりとみることもできます。

お店の入り口付近には飛行機のミニチュアやオモチャなどが売られていたり、店内にはフライトシミュレーターがあったりします。

フライトシミュレーターの料金は1回500円、3回1,500円。1回やるとスタンプを1つ押してもらうことができて、スタンプを15個ためると格納された飛行機の操縦席に座れるなどの特典があるそうです。

店内はアメリカにあるダイナーのような雰囲気で、メニューもハンバーガーやフライドポテト等のアメリカ料理が中心になっています。

どの料理もおすすめですが、僕のお気に入りはやっぱりプロペラバーガー(1,000円)です。バーガーの美味しさはさることながら、食べきれないくらいの山盛りのフライドポテトが添えられているのが嬉しくなります。

まとめ

飛行機を眺めながら食事やお茶を楽しめるプロペラカフェをご紹介しました。アメリカのダイナーのような雰囲気のこのカフェでは不思議と時間の流れがゆったりしているような気がします。

休日のランチなどにおすすめなので、是非行ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする