横浜・八景島シーパラダイス~【第2回】アクアリゾーツの楽しみ方~

前回に引き続き横浜・八景島シーパラダイスをご紹介します。今回は横浜・八景島シーパラダイスのなかで、4つの水族館「アクアリゾーツの楽しみ方」をご紹介したいと思います。

第1回 海と島と生き物のテーマパーク
第2回 アクアリゾーツの楽しみ方 ← 今回はこちらです
第3回 アトラクションその他の楽しみ方
第4回 番外編:お金をかけずに楽しむ方法

スポンサーリンク

海と島と生き物のテーマパーク

横浜・八景島シーパラダイスは、横浜市の管理する八景島のなかにある海と島と生き物のテーマパークで、八景島そのものは入場無料です。この島のなかに「アクアミュージアム」「ドルフィンファンタジー」「ふれあいラグーン」「うみファーム」という4つの水族館があります。

アクアミュージアム

横浜・八景島シーパラダイスといえばこのアクアミュージアムを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。それくらい有名な、日本最大級の規模を誇る水族館です。ピラミッドのような形状の特徴的な外観をした建物のなかでイルカ、ホッキョクグマ、セイウチ、アザラシ、ペンギン、ウミガメ、クラゲ、カニ、それからアナゴからピラニアまで大小様々な魚たちをみることができます。その数なんと700種!あまり実感のわかない数字ではありますが、とにかく沢山の生き物たちをみることができるんです。

僕がアクアミュージアムと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、昔のドラマのデートシーンなんかでよく使われた水槽のなかのエスカレーター「アクアチューブ」と、それから何といっても「アクアミュージアム」でのイルカショーです。イルカの運動能力には目をみはるものがあります。これを見るだけでも行く価値ありなので是非行ってみてください。

ドルフィンファンタジー

ドルフィンファンタジーは、イルカをみるための水族館です。透明なトンネル状の通路などから水槽のなかを自由に泳ぎ回るイルカたちを眺めることができます。この水槽には屋根がないので水槽の水に光が反射してとてもきれいです。幻想的な空間でイルカたちの泳ぎを楽しむことができます。

ふれあいラグーン

ふれあいラグーンは海の生き物たちを触ったり感じたりして、直接ふれあうことのできる施設です。「ホエールオーシャン」では間近でイルカショーを観ることができたり、実際にイルカを触ってみることもできます。「フレンドリーサークル」ではアシカやセイウチのショーを観ることができたり、ペンギンを触ることができたりします。「サカナリーフ」では裸足になって浅瀬に入ったり、小魚等を触ったりすることができます。子供たちにとっては裸足になって水に入ったり、海の生き物を触ったりするのは何よりも楽しいようで、あくまでも僕の印象ではありますが、子供たちにとっては一番人気の施設なのではないかと思います。

うみファーム

うみファームは「海育」をコンセプトにした施設です。「フィッシングスクエア」では魚釣りを楽しんだり、「ハンティングスクエア」では魚のつかみ捕り体験ができたり、「からっとキッチン」で釣ったり捕ったりした魚を食べることができたり、単に魚を眺めるだけでなく「いのちをいただく」「体験」をすることでとても多くのことを学ぶことのできる施設になっています。すごく画期的な試みですよね。

4つの水族館を楽しむには

4つの水族館を観覧できるチケットがアクアリゾーツパスです。料金は以下のとおり。

大人・高校生:3,000円
小・中学生:1,750円
幼児(4歳以上):850円
シニア(65歳以上):2450円

横浜・八景島シーパラダイスのアクアリゾーツでは、従来の水族館のように水槽の中を眺めるだけでなく、体験したり触ったりできるという、今までになかった意欲的な試みをしています。子供たちの楽しむ姿をみているとこの試みは大成功だったように感じます。

さて、次回は「【第2回】アトラクションその他の楽しみ方」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする