おうちToy-Con~ニンテンドーラボ Toy-Con 01: バラエティキット(Variety Kit)~

今回はニンテンドーラボ Toy-Con 01: バラエティキット(Variety Kit )の5種類あるToy-Con(トイコン)のなかから「おうちToy-Con」をご紹介したいと思います。

ニンテンドースイッチやニンテンドーラボについては以下もご参照ください。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)とNintendo Labo(ニンテンドーラボ)を購入しちゃいました!

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)~自由なスタイルで遊べるゲーム機~

ニンテンドーラボ Toy-Con 01: バラエティキット(Variety Kit) ~「つくる・あそぶ・わかる」が面白い!~

スポンサーリンク

おうちToy-Con

おうちToy-Conは、5種類あるToy-Con(トイコン)の3つ目になります。

おうちToy-Conを「つくる」

ニンテンドーラボ Toy-Con 01: バラエティキット(Variety Kit)には5種類のToy-Con(トイコン)が入っていますが、それぞれのToy-Con(トイコン)の組み立て時間には以下の目安があります。

  • リモコンカーToy-Con 10分
  • つりToy-Con     90分~150分
  • おうちToy-Con    120分~180分
  • バイクToy-Con    90分~150分
  • ピアノToy-Con    150分~210分

前回ご紹介したつりToy-Conと同様に組み立てにはそれなりに時間がかかります。使う段ボールのシートは白色のシート4枚。

おうち本体と3つのブロックをそれぞれ組み立てていきます。

今回もHARUと僕の2人の共同作業。Toy-Conも3つ目ともなると組み立てにもだいぶ慣れてきましたので、HARUが作る割合を増やしてみました。ただし、今回はマーカーシールを貼る細かい作業などもありましたので、そのあたりは僕のほうでフォロー。完成までには時間の目安よりも少し短い2時間弱程度かかりました。

おうちToy-Conで「あそぶ」

できあがったおうちToy-Conはこんな感じです。

2つのJoy-Con(ジョイコン)のうち、おうちToy-Conで使うのはJoy-Con(R)(レッド)のみ。本体の屋根にモーションIRカメラを下にして装着します。

おうち本体の右、左、下の3ヶ所に窓があって、その窓に「押す」「回す」「ねじる」の3つのブロックのいずれかを差し込むことができるようになっています。

おうちのなかには部屋があって、そこには丸っこくて可愛い生き物が暮らしています。おうち本体を揺らしたり、傾けたりするとおうちの中の部屋も揺れたり傾いたりして、丸っこい生き物も動いたり転がったりします。

窓にブロックを差し込んで、押したり、回したり、ねじったりすると電気のスイッチが押されて昼になったり夜になったり、水がたまったりするほか、2つのブロックを同時に動かせば、別の部屋に移動してちょっとしたゲームができたりします。

おうちToy-Conを「わかる」

おうちToy-ConはニンテンドースイッチのモーションIRカメラが重要な役割を担っています。モーションIRカメラが3つのブロックに貼り付けられたマーカーシールの形で、それぞれ何のブロックなのかを認識し、押したり、回したり、ねじったりする動きに反応します。

仕組みについてはいつもの「わかる」を選択すれば画像で教えてくれます。「ツクルト室長」「マナンジャ」「アソン」の掛け合いはいつもながら面白くて、子供でも楽しく見ることができます。

まとめ

ということで今回は、ニンテンドーラボ Toy-Con 01: バラエティキット(Variety Kit )の5種類あるToy-Con(トイコン)のなかから「おうちToy-Con」をご紹介しました。

3つ目のToy-Con(トイコン)ということで、作るのにも慣れてきました。それでもマーカーシールを貼る細かい作業もあってそれなりに時間がかかりますので、完成したときには達成感はひとしお。

可愛らしい生き物のお世話遊びは特に女の子が好きそうな遊びです。こちらもニンテンドースイッチとニンテンドーラボの面白さが詰まったとても楽しいToy-Con(トイコン)です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする