野毛山動物園~料金無料!山の上の素敵な動物園~

今回は横浜市西区にあります野毛山動物園をご紹介します。

この動物園の特徴は料金が無料であること!これは何ものにも代えがたいありがたさですよね。

無料だからと言ってけしてあなどってはいけません。ライオン、キリン、シマウマ、ペンギン、チンパンジー、レッサーパンダなど人気の動物たちのほか、ツキノワグマやハクビシンまで全部で約100種もの動物がいるんです。正直に言えば、最初に無料と聞いて僕はあまり期待しないで行ったのですが、行ってみたらその充実ぶりにとてもびっくりしました。普通の動物園と何ら変わるところがありません。これで無料なんですか?とちょっと心配になるくらいです。

スポンサーリンク

どうして無料なのかというと・・・

野毛山動物園は1951年に開園した老舗動物園で、正式名称は横浜市立野毛山動物園といいます。そう、横浜市立の動物園なんですね。

1964年、当時の横浜市長が動物園は社会教育施設であり、市民の憩いの場でもあるからという理由で無料にしたそうです。なんて良い市長さんなんでしょうか。全国的に見ても無料の動物園や料金を低く設定している動物園は沢山あるみたいなんですよね。動物園の社会教育施設としての意義を考えると納得な感じです。ただ、横浜市民が払う税金で賄われているということなので、市外から来る僕らとしては横浜市民の方に感謝しないといけないですね。

さて、そんな野毛山動物園は標高約50m、みなとみらい地区を一望できる野毛山公園の一角にあります。桜の名所としても有名で動物園と公園を合わせると300本以上の桜があるそうです。ただ、僕ら三人が野毛山動物園に来た目的は、お花見でもお団子でもありません。動物とたわむれるためなんです。

なかよし広場がおすすめです

そう、この動物園のなかよし広場と言う施設では、モルモットやハツカネズミと直接ふれあうことができるんです。さすがに人気の施設のため、平日であれば時間制限などはありませんが、土日祝日は整理券を配っていて、入替制の1回20分となっています。しかし、その間は好きな動物とたわむれることができるんですよね。柔らかくてフサフサしていて、可愛くて、これが何とも言えません。そのほかにも動物たちのお食事タイムというのがあり、時間になるとごはんを食べている動物たちの可愛い姿をみることもできます。

個人的には山の上にあるところがお気に入りポイント。山の上の動物園とか山の上の遊園地とかって素敵じゃありませんか?何というかちょっとノスタルジックな感じで。

おすすめランキング

ということで、おすすめランキングをまとめると以下のとおりです。

第1位 なかよし広場
第2位 動物たちのお食事タイム
第3位 展望台からの眺望

展望台は動物園から野毛のつり橋という名の吊り橋(インダストリアルデザイナーの柳宗理がデザインしたそうです)を渡って少し行ったところにあります。

アクセス

JR京浜東北線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から徒歩15分、または市営バス89系統「一本松小学校」行きバスに乗って「野毛山動物園前」下車。結構な坂道を登らないといけませんので、体力に自信のない方はバスをおすすめします。

専用の駐車場はないので、近隣の駐車場を利用する必要があります。ただ、動物園のまわりにはあまり駐車場がないんですよね。一番近いのは野毛山自動車駐車場。土日祝日はすぐに満車になりますのでお越しの際はお早めに。駐車待ちは断られてしまいます。料金は平日は30分ごと200円、土日祝日は30分ごと300円です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする